委託販売手数料ランキング

コイン業者への販売委託にかかる手数料ランキング。安い順に第1位~第3位。

スポンサーリンク

委託販売手数料とは

コイン業者へコインの販売を委託するときにかかる手数料。販売代行手数料と同じ。手数料は委託販売で、実際にコインが売れたときにだけ支払う。売却したコインの売値の10%といった割合で、業者に手数料を引かれる。

コインの売却には、コイン商への買取依頼もあるが、買取価格は相場の7割以下となる。このため、委託販売の方が売却益を多く得られる可能性が高い。また、オークションへの出品に比べると、委託販売は、売値が決まっていて、販売するまでの準備期間が短く、早く換金できる可能性がある。

委託販売手数料ランキング

委託販売手数料の安い順のランキング。ほかに事務費がかかる場合もあるため、要注意。また、コイン売却時の口座への振込手数料も引かれる。
「ランクインした業者への販売委託を推奨するものではありません」

手数料が安くても、コインが売れなければ意味がない。このため、手数料の安さと同様に、売却するコインが、その業者で売れるかどうかの見極めが重要。詳細は、各コイン業者のリンク先の委託販売ページへ。

委託販売手数料は、コインの売値の10%が業界の標準になりつつある。ここでは手数料9%以下のコイン業者を紹介。

  • 第1位 JCC 7%
    出品手数料:コイン1枚あたり別途2,000円
    原則1ヶ月の販売。売れない場合、値下げ or 返却
  • 第2位 みんなのコイン市場(2017/12/1 閉鎖確認) 8%
    鑑定手数料:コイン1枚あたり別途1,080円
    2ヶ月売れない場合、値下げ or 返却
  • 第3位 ワールドアンティーク(2017/9/30 閉鎖確認) 9%

【2017/12/1 暫定追加】

  • ドリームコイン 5%
    旧名称:みんなのコイン市場
    2ヶ月間売れない場合、値下げ or 返却

【2017/5/22 暫定追加】

【2017/2/25 暫定追加】

  • coin & coin 6.48%
    売値10万円以下のコインは手数料1万円
    2017年2月オープンの新興業者

「当サイトは、すべてのコイン業者と何ら関係を持っていません」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る