モハール 1841年 再鋳貨 FDC 233万円

デザインが人気のモハール。このモハールは、再鋳貨の方が高く評価されている。
インドは人口が多く、経済的な発展も期待される。
ブームがくるといわれるインドコインの楽観的な予想に対して、不安材料を挙げる。
・コインが重量感に欠ける モハールは11グラム
・高グレード、プルーフのコインはリストライクしかない
・イギリス領(東インド会社)時代に大飢饉のマイナスイメージがある
・東インド会社時代のコインが、インドの富裕層によって将来的に需要が高まるのか
需要の予測は難しいが・・・長期的には値上がりは堅いとみる。

スポンサーリンク

オークション情報

日付 2017年6月3日 BST
場所 イギリス ブラックネル グランジ ブラックネル ホテル
オークションハウス London Coins
オークション名 Auction 157
コイン イギリス領インド 1841年 モハール金貨 再鋳貨(リストライク)
グレード Proof FDC
落札価格(BP込み) 233 万円(16,380 ポンド)
詳細 モハール 1841年とは

トップへ戻る