モハール 1841年

若いヴィクトリアの肖像と、睨みを利かせるライオン。両面とも魅力的。
「Mohur(モハール)」

スポンサーリンク

コインデータ

イギリス領インド 発行枚数 442,000 枚
1841.(c) 標準グレード MS 61
額面 1 モハール 国内相場 110 万円
素材 投資性 starstarstar
大きさ 直径 25.9 mm
重さ 11.66 g
品位 0.9170

基本情報

India_1841_1Mohur_s1841年にイギリス領のインドで発行されたモハール金貨。1モハールは15ルピー。
発行年のうしろの(c)は、カルカッタ(Calcutta)での造幣を示す。

おもて面は、若いヴィクトリア女王(VICTORIA QUEEN)の肖像、通称ヤングヘッドと、発行年の1841。

裏面はライオンとヤシの木、東インド会社(EAST INDIA COMPANY)、額面の1モハール(ONE MOHUR)、最下部もペルシャ語の1モハール。東インド会社は、アジアでの貿易や植民地の経済支配を目的に作られた。
インド発行のコインは、鋳造時の打刻が弱いため、経年で不鮮明になり、状態が悪いものも多い。

単年発行だが、肖像や書体の違いから、7タイプある。市場での取り扱い数が一番多いのがこのタイプ。

デザイン

ウナとライオン」のデザイナー、ウィリアム・ワイオン作。モハール金貨のライオンは、「ウナとライオン」のウナ姫に手なずけられた、動物園にいるようなライオンではない。お腹をすかせた、完全に野生のライオンに見える。
Lion_Compare
ライオンの描き方をここまで変えることができるのも、ワイオンが天才である証。

ヤシの木は普通、まっすぐ上に伸びているイメージが強いが、このヤシの木は右に折れている。 おそらく、ライオンの勇ましさを増すために、この方向にむけたと思われる。根元がライオンの足と重なっているので、ヤシの木をやや右寄りにして、まっすぐにしても良さそうだが、天才の考えることなので、理解するのは無理。

投資性

希少性の評価は難しいが、発行枚数に比べると、販売数やオークションでの出品数は少ない。デザインの人気があるため、投資に向く。インドから持ち出すには申請、許可が必要になるため、取引数はなかなか増えない。不安材料は、大型ではないこと。傷のあるコインが多いので、目立つ傷のないものを選びたい。

オークション結果
・2017年6月3日(BST) 再鋳貨 Proof FDC 233万円
・2017年1月9日(EST) MS63 190万円
・2016年9月9日(PST) AU58 43万円

トップへ戻る